20160909日本経済新聞朝刊 アップル「守り」鮮明 新iPhone発表

異例の日本モデル 数少ない成長市場に照準

米アップルが(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新モデルを発表した。防水性や撮影機能の弱点を改善し、デザインなどの大きな更新は見送った。「攻め」よりも「守り」の姿勢が目立ったといえる。一方で店頭や駅の改札などでの支払いに使える日本限定の端末を初めて投入する。中国を筆頭に世界販売が減速するなかで、好調な日本の市場を重視する姿勢を見せた。

解説

アップル発表会

iPhone7が発表されました。
毎年この時期になるとアップルから新作発表があるので
心待ちにしている人も多いですが
正直あんまり興味がないって人もいるかもしれません。
今回このiPhone7を「ほしいかも…」と思ってもらえるかもしれない
解説を書いてみます。

iPhone7の特徴

iPhone7 仕様
旧モデルとの比較は以下の通りです。

・防水防塵機能搭載
・イヤホンジャックの廃止
・ステレオスピーカー搭載
・カメラ性能の大幅な向上
・CPU性能アップ
・FeliCaチップの搭載
・新色「ジェットブラック」追加
・バッテリー駆動時間がアップ
・ストレージの最大容量が256GBに
・LTE1.5G帯の利用可能

防水

今回の目玉は防水機能です。
今まで防水じゃなかったのが驚きですが
これでようやく水に関する
不意な事故への心配がなくなりました。
実は1つ前のモデルであるiPhone6Sでは
公表はされていないものの防水性があると
噂されていました。
他のスマホでは当たり前の機能ですし
ようやくアップルが要望に応えた形です。
推測の範囲ですが
イヤホンジャックの廃止はこの防水性を高めるための
仕様だと考えられます。

防水防塵の規格としては「IP67」に対応します。
これは具体的に言うと
完全防塵、30分間の水没に耐えられる防水性能です。

いままで脆弱なイメージがあったiPhoneですが
ここに来て頼もしい存在になりました。

初めての日本仕様

おサイフケータイ
iPhone7は日本市場に合わせた日本仕様と言えます。
その最たるものが「FeliCaチップの搭載」です。
いわゆるおサイフケータイに対応する形ですね。
これも日本人にとっては
「やっときた!」という感じです。
iPhone以外のスマホでは
おサイフケータイに対応しているものが
数多く存在しています。
Suicaなどの電子マネーが一般的に普及している今
利用頻度はさぞ高いとおもいきや
例えばJRの改札でスマホをかざして通る光景は
あまりに目にしません。
これは日本でのiPhoneのシェアは圧倒的で
そのiPhoneにおサイフケータイが搭載されていなかったことが
理由となっています。
それが今回解禁となったため
日本人にとっては待望の機能となっています。
今後は交通機関だけでなくコンビニ等で
スマホをかざして支払いする光景が増えてくるかもしれません。
ちなみにこれは日本のみの対応となっており
他国で販売されるものにはついていません。

海外からの批判的な声

批判
少し調べればわかりますが
海外からは批判も出ています。
なぜなら驚きがなかったからです。
海外の人からすればアップルという会社は
常に最先端をいき、時代を先取りする製品作りすると
認識されています。
アップルの発表会にも驚き、サプライズを期待する人が
多いということですね。
しかし今回の発表では事前に予想、リークされていた内容
以上のことはありませんでした。
これが批判に原因となっています。
「アップルなのに普通じゃん!」
っていう感想を持っている人が
たくさんいることが想像できますね。
消費者だけでなく投資家の目を冷ややかで
本来この発表会後、株価を大きく上げる動向にあるのですが
今回は微増にとどまりました。
結論としては世界はiPhone7に少しがっかりしたといえます。

じゃあ今回は見送り?

iPhone7 02

結論から言うとiPhone7は日本人にとって
過去最高に魅力のあるスマホです。
その理由は以下の通りです。

①日本人に合うようにチューニングされている

iphone7_01
前述の通り今回のiPhone7は日本仕様です。
実はおサイフケータイは日本のみで
他の国では搭載されません。
ここまで日本寄りになったのは
市場の変化があります。
簡単に言うと世界ではiPhoneが
売れない状況になっているということです。
そんな中、日本市場だけは別で順調な売上を見せています。
だからこそアップルは日本を中心にしたわけです。
今まで世界基準だったからこそ
日本人には不満に思うことがあったものの
機能的には日本人の欲求を満たすものになり
日本人にとっては過去最高のiPhoneになったといえます。

②地味な性能アップ

iPhone7 性能
目新しさはありませんが性能はおどろくほどアップしています。
例えばカメラ機能で言うとF1.8レンズを搭載しています。
これってなにげにめちゃくちゃすごくて
もしレンズ単体で買うと1万円ちょっとします。
CPUも新しくなりiPhone6から2倍以上の性能アップになっています。
サウンド面ではモノラルからステレオに変わり
単純にスマホの出力性能は2倍になりました。
更にストレージ容量のラインナップも底上げされています。
なのに価格は据え置きというからびっくりです。
つまり日本人によって不安に思っていた問題が全て解消され
さらにスマホの性能自体大幅にアップしているということです。
これが日本人にとって最高に魅力あるスマホと言える理由です。

まとめ

afpbb_3100132_0

世界的には驚きの少ないiPhone7ですが
日本人にとっては魅力満載であることが
お分かりいただけたと思います。
過去のiPhoneにおいてここまで日本を意識されて作られた
製品はありません。世界から不満が出るほど
日本人仕様にしたと言っても過言ではありません。
つまりアップルが日本のために本気で作ったスマホと言えます。
なので古い機種を使っている方は
切り替えを検討したほうがいいですレベルです。
コストや手間の部分との兼ね合いで
用意されている台数は例年より少なく早い段階で
完売する可能性が高いので
従来のiPhoneユーザーも新規ユーザーも
購入のタイミングを見逃さないようご注意を。

スポンサーリンク
楽天
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天