20160907日本経済新聞朝刊 アベノミクス失速響く

百貨店、地方・郊外支えきれず

20160907百貨店の国内売上高は

1991年の9兆7130億円をピークに減少傾向が続いてきた。

消費者の節約志向や価値観の変化に

十分に対応できなかった構造不況業種だ。

ここ数年は売上高の落ち込みに歯止めがかかっていたが、

アベノミクスに伴う株価上昇がもたらした

富裕層の旺盛な消費とインバウンド需要が支えだった。

解説

アベノミクスの話題です。
そもそもアベノミクスとは何なのか。
詳しく説明できる人はなかなか少ないと思うので
少し掘り下げて説明します。

アベノミクスとは

アベノミクス1

2012年に発足した第2次安倍内閣において
掲げられた経済政策のこと。
経済回復を政策の最大の目標に置き
いわゆる「3本の矢」を柱としています。
デフレ脱却の達成や日銀法の改正を視野に入れた動きで
国内外から注目を集めていました。
効果検証については様々な評価がありますが
それは後述します。

3本の矢って?

アベノミクス2

以下3つの具体的な政策のことを指します。

①大胆な金融政策

お金1

バブル崩壊以降のいわゆる「失われた20年」における
不況の最大要因をデフレと捉え、
現状も続いているデフレ脱却を目指すため
インフレターゲットの導入を決定しました。
これは政府が物価上昇率の目標を定め
その達成のためにこれまで独立性が確保された
日銀に対して働きかけることを指します。
毎年2%の物価上昇を目的としており
その達成のため無制限の量的緩和をとっています。

簡単に言うと今の日本は物価が安すぎるから
それを修正するために大量のお金をばらまきます!
という政策です。お金が回るようになれば
人がたくさん買い物するようになり
そうすれば自然と物価があがるという算段です。

②機動的な財政政策

国会

財政政策とは国が行う経済活動の政策で。
国が歳入や歳出を通じて経済に影響を与える政策です。
全国の道路、鉄道、堤防、下水道などの公共事業を拡大させたり
震災復興のためのインフラ整備や暮らしの安全や地域の活性化など
多岐にわたります。
もともと昔から不況になったら
国主導の公共事業で対策というのが定説ですが
そこに震災復興や医療などを加えた総合戦略と言えます。

簡単に言うと
国が道路とか鉄道とかを作るように仕向けて
その工事を受注した建設会社が儲かり
新たな雇用を生み出したり、既存の労働者の給料が上がることで
消費が拡大して、結果的に経済対策になるという考えです。

③民間投資を喚起する成長戦略

新宿

これが少しわかりにくいかもしれません。
投資の促進や新たな市場の創出等が挙げられますが
要するに民間企業にたくさん利益を出してもらい
日本を経済的に潤わせる政策です。
具体的に策を結構ありますので
いくつか抜粋する形をとります。
・法人の引き下げ
・外国人観光客を増やす
・女性が活躍できる場を提供
・電力会社を選べるようにする
この辺りはよく耳にするものだと思います。

簡単にいうと
民間企業が儲かるなら
今まで法律や規制によってできなかったことを
できるようにしてサポートする。
そして既存の価値感にこだわらないで
新しいものをどんどん取り入れる。
さらに世界に日本をアピールして
外国人をたくさん呼びこむよ!
という考えです。

そもそも「3本の矢」というのは

3本の矢

戦国時代の大名、毛利元就が3人の息子に伝えた言葉とされています。
矢は1本では簡単に折れるが、3本束ねると簡単には折れない。
お前たちも結束して強靭に生きろと説いた教訓から来ています。
余談ですがJリーグの「サンフレッチェ広島」は
サン(3)フレッチェ(矢)という意味で
広島を治める大名だった毛利元就のこの
「3本の矢」が由来となっています。

1つの政策だけではうまくいかないことも
3つ同時にやることで強力な政策になるという意図ですね。

結局アベノミクスは成功したの?

アベノミクス3

まだわかりません。株価など目に見える数字は
かなり改善されています。
企業の内部留保も額も毎年最高額を出していることからも
民間企業が儲かっていると判断できます。
しかし国民の生活という部分では
いまいち実感の湧かないものであるということも
否定できません。
物価はまだまだデフレ傾向ですし
給料も上がった感じがしませんよね。

つまり組織・企業レベルではある程度の結果は出ているものの
個人レベルでは現状維持のままという感じです。
これは政策が組織・企業向けに作られているからです。
もちろんこれからアベノミクスは続きますし
現段階で良い悪いを判断するのは浅はかですが
かといってすべてが順調というわけでもなく
今後どうなるか動向が気になるところです。
今回はアベノミクスについて
少しで理解していただければ幸いです。

スポンサーリンク
楽天
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天