20160803日本経済新聞朝刊 アマゾン、定額読み放題始動

アマゾン、定額読み放題始動 国内作品12万冊超

20160803アマゾンジャパン(東京・目黒)は3日、

日本で電子書籍の定額読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」を始めた。

講談社や小学館など大手出版社が参加し、

書籍やコミック、雑誌など国内作品は12万冊を超える。

ただ新作や人気作品は少なく、

集英社やKADOKAWAは開始当初からの参加を見送った。

解説

Amazon読み放題すでにAmazonでは定額の動画サービス、音楽サービスを展開しています。
今回は電子書籍に業界に殴りこみした形です。
大手出版社が参加していることから
このサービスが出版業界在り方をを変えてしまう可能性があります。

そもそも電子書籍というものは
まだ一般的に浸透しているとは言えません。
しかし今後のスマホ、タブレット端末の普及を考えると
十分に成長が見込める市場です。

ブラよろ「海猿」「ブラックジャックによろしく」という漫画の作者である
佐藤秀峰さんは電子書籍業界ではかなり有名な人です。
出版社との契約を解除し、電子書籍にて自身の漫画を販売しています。
今年の2月には1冊11円で自身の漫画を販売
ひと月で3億円を超えるの売上を叩き出し、1億3000万以上の印税が入ったとのこと。
出版社を通さない形態のため売上が漫画にダイレクトに届く形となり
また消費者は安く作品を購入できるウィンウィンな状態になっています。
まあ1冊11円なら読みたくなくても買っちゃいますよね(笑)
実績ができれば参入しやくなるので
現状厳しい出版業界はさらなる追い打ちをかけられるかもしれません。

スポンサーリンク
楽天
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天