20160802日本経済新聞朝刊 日通、アリババと提携

日通、アリババと提携 中国向け送料安く

20160802日本通運は中国のインターネット通販最大手のアリババ集団と

日本商品の販売で提携する。

中国の消費者がアリババの通販サイトで購入する場合、

日通は現在主流の国際郵便より3割安い料金で中国まで輸送する。

中国では通販市場でも日本商品の人気が高い。

海外の商品を購入する「越境通販」のボトルネックだった物流インフラが整い、

日本商品の市場が広がりそうだ。

解説

ソフトバンク最近ソフトバンクが「アリババ集団」株を売却したことで
話題になりました。
ネット通販の規模は日本に限らず
世界規模で広がりを見せている中
ネット通販の物流のシェアを
大手物流業者が奪い合ってる状態です。
アリババ日本のネット通販においてはAmazonの存在が大きく
その物流をめぐって様々な問題が起きています。
(そもそもAmazonの存在が日本経済にとっては
あまり好ましくないのですがその話は別の機会に。。。)

日本は比較的内需主導
(国内で物の売り買いが盛んでそれが経済成長を牽引する状態)で
経済が回っている国ですが
それでも各分野において飽和している市場も多く
その解決策を海外に求める動きが活発になっています。
今回の記事の内容も
海外に商機を見出した日通の戦略だと言えます。

スポンサーリンク
楽天
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天